オプション検査

各種健康診断に追加して受診していただける
オプション検査を豊富にご用意しております。
胃部内視鏡検査(胃カメラ)
胃がん(胃癌)は日本人にもっとも多く発症するがんで、40歳頃から増え始める傾向があります。しかし、胃がんによる死亡率は減少傾向にあります。早期発見によって助かるがんでもあり、その早期発見に役立っている胃の検査は大きく分けて2つあります。1つは胃部レントゲン(透視)検査、すなわちバリウム検査で、もう1つが胃部内視鏡検査、いわゆる胃カメラです。
健康保険組合等の補助がある健康診断ではまだまだバリウムの検査が一般的で、そこで何か異常があった人が精密検査として胃カメラを行うと云う場合がほとんどですが、特にそのような補助が無い場合、最初から胃カメラをする方も多くなってきました。胃カメラとは先端にカメラが付いたファイバースコープという管を口から胃の中まで入れて粘膜の変化、胃潰瘍やポリープなどを調べる検査です。もし潰瘍などがあった場合、その1部をほんの少し採取し、顕微鏡で組織検査をして、悪性のもの(がん)かどうかを調べることも出来ます。胃がんと診断できるのはこの胃内視鏡検査による生検の病理診断のみでバリウムの検査では出来ません。また、胃カメラは吐き気など苦しい検査であると仰る方もいらっしゃいます。胃カメラの際は、シロップ状の麻酔剤で咽頭麻酔(のどの麻酔)を行ない、胃の動きを止める為の筋肉注射を打って検査を開始します。原町田診療所では、更に軽い安定剤を注射して検査することも可能です。目が覚めた後、多くの方の感想は「もう終わったの?」となります。終わってすぐには帰れない、若干値段が高い、車の運転を控えて頂くなどの短所はありますが、過去に大変な思いをしたという方はぜひご相談下さい。
大腸内視鏡検査
食生活の欧米化に伴い、大腸癌が増えて来ました。大腸癌の前段階ともなりうる大腸ポリープは多くの方に見受けられます。少なくとも、健康診断の便中ヘモグロビン検査で1回でも陽性、つまり血が混じっていたと診断されたら、大腸内視鏡検査をお勧めします。大腸内視鏡検査は、大腸ファイバーとも呼ばれ、先端にカメラが付いたファイバースコープという管をお尻から挿入して、大腸の内部を直接観察し、腸炎や潰瘍、ポリ-プ、がん等が無いか検査します。小さなポリープならその場でとることも可能ですし、病理検査を行い、良性か悪性か調べることも出来ます。原町田診療所の大腸内視鏡検査は、一般に行なわれている空気を入れて内視鏡を押して挿入する方法ではなく、水を注入し、浮かせた状態で内視鏡を引きながら検査する水浸法と呼ばれる方法を用いており、苦痛が少なく、かつ短時間で検査を終わることができます。
ヘリコバクター・ピロリ抗体検査・ABC健診
近年、胃の中にヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)という細菌が確認され、この細菌が胃・十二指腸潰瘍と深い関係があることがわかってきました。胃・十二指腸潰瘍で、再発を繰り返す場合、ピロリ菌に感染してれば除菌治療が有効です。感染が続くと慢性萎縮性胃炎となります。萎縮性胃炎は胃ガンの発生にも係ることもあります。その萎縮状況の検査(ペプシノゲン検査)と同時に実施するABC健診というものもあります。主に血液検査で実施します。
超音波検査
超音波検査はエコー検査とも呼ばれ、体に無害な超音波を体の外から調べたい部位に当て、その反響を映像化することで行う、痛みも何も無い楽な検査です。原町田診療所では腹部、心臓、頸動脈、乳房などの超音波を実施しています。
上腹部 肝臓・膵臓・胆のう・脾臓・腎臓などの状態を調べます。腫脹、腫瘍、結石(胆石など)、脂肪変性(脂肪肝など)、のう胞などが分ります。
下腹部 膀胱、女性の子宮や卵巣、男性の前立腺などを調べます。腫瘍のほか、結石、子宮筋腫、前立腺肥大などが分ります。
心臓(UCG) 心臓の各部位の形や大きさの異常、動きの異常を診断します。種々の心臓病の診断、重症度の評価、治療効果の判定など幅広い目的で検査します。カラードプラー検査では心臓内の血流の異常も分かります。
頸動脈 生活習慣病として動脈硬化に起因する疾患(脳梗塞、心筋梗塞、 狭心症、大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症など)が注目されていますが、頸動脈エコーは全身の動脈硬化の進行を把握し評価する事のできる検査です。
乳房 乳房・乳腺の腫瘍や炎症を調べます。乳がん検診と云うとレントゲンを使うマンモグラフィー検診の事のように思われていますが、20~30歳代の方を中心に乳腺の密度が高く、マンモグラフィーでは詳細に判断できない場合もあり、乳房エコーも有意義な乳がんの検査です。マンモグラフィーのような痛みもありません。
なお、マンモグラフィー検査については、当院には設備が無い為、提携医療機関にて実施しています。
血圧脈波検査(血管年齢検査)
脈の伝わる速度を測ることで、心血管病の発症リスクがわかります。測定方法は簡単で、横になって血圧を測るような感覚でほとんど痛みはなく、5分程度で終了します。CAVI(動脈の硬さ)とABI(動脈の詰まり)を測定することで、血管年齢、動脈硬化の進行の程度がわかります。
子宮頚部細胞診(子宮がん検査)
子宮ガンには子宮頸癌と子宮体癌がありますが、発生率は7:3と圧倒的に子宮頸癌の方が多く、子宮頸部細胞診は、子宮頸部(膣の中に顔を出している子宮の出口の部分)から細胞をこすり取ってきて、顕微鏡で見て判断するものです。
骨粗鬆症検査
歳を取って背中が丸くなったり、骨折し易くなるなどの症状がでる骨粗鬆症。
骨がスカスカになって弱くなる病気で、女性ホルモンの分泌が急激に低下する閉経後の女性に多く見られます。最近では偏食・運動不足などにより若い方にも見られるようになっています。手または足のレントゲン写真を撮って調べます。
血液検査によって行う検査
通常行う血液検査の項目に追加して実施出来る検査で、様々な検査があります。
内容や価格についてはお気軽のご相談下さい。
PSA検査(前立腺がん)検査 前立腺は男性にだけある臓器で、精液の一部をつくる臓器です。直腸に指を入れて行う直腸診で肥大を調べますが、これと並んで特に前立腺ガンの診断に有用なのがこのPSAという腫瘍マーカーです。他の臓器への腫瘍マーカーと違い、早期発見への有用性が認められています。
肝炎ウイルス検査 主にB型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルスについて調べます。
B型肝炎ウイルス感染の有無はHBs抗原を検査することにより調べます。B型肝炎は急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝細胞ガンを発症することがあります。B型慢性肝炎のほとんどが母親から赤ちゃんへの母子感染が原因と言われています。ウイルスに感染していても症状が出ない場合があり(B型肝炎ウイルスキャリアと言います)、健常人と変わりなく生活できますが、慢性肝炎になる可能性があります。慢性肝炎は、あまり症状のでない疾患なので、血液検査をしてはじめてB型慢性肝炎と分かることがあります。感染したが治った事を示すHBs抗体が出来ている場合は安全です。
C型肝炎はHCV抗体を調べます。C型肝炎は慢性化し肝硬変、肝がんを起こすことがあります。肝機能異常を指摘された方は、これらの肝炎ウイルスを検査することをお勧めします。
CEA・CA19-9・CYFRAなど(腫瘍マーカー) 体内にがんが出来ると特殊な物質が血液中などの異常増加することがあり、がん発見の手掛かりとなる為、腫瘍マーカーと呼びます。CEAは代表的な腫瘍マーカーで、どの臓器のがんかは特定は出来ませんが、腺がん、つまり大腸がん、胃がん、肺がんや見つけるのが難しいとされる膵がんや胆管がんなどで上昇します。CEAが急上昇したら様々な検査を組み合わせて診断します。50歳以上であれば、健康診断で年1回測定すると良いでしょう。そのほかにも腫瘍マーカーはそれぞれの臓器やがんの種類に対応する形で数多く存在します。多くの腫瘍マーカーは、「早期がん」で上昇することはありませんので、健康診断のオプション検査として何種類も受ける事はお勧めしておりません。
アレルギー検査 スギなどによる花粉症や気管支喘息などのアレルギー性疾患に対して、原因物質(スギなどの花粉、家ダニ、ホコリ、ハウスダストなどの抗原)が何かを調べる検査です。
一般的に見られる抗原20種類以上に対しての反応を調べます。
アミノインデックス検査 人間の身体の血液中に含まれるアミノ酸は、病気になるなどして健康状態に異常が生じると、代謝のバランスに変化が起こり血液中のアミノ酸の濃度が変動することが明らかになっています。アミノインデックスはこの性質を利用し、血液中のアミノ酸濃度を測定することで、健康状態や病気に罹患している可能性を調べる検査法です。特に早期がんを発見できる場合もあり、早期治療のための非常に有効な検査法として注目を集めています。
アミノインデックスでは1度の採血で複数のがんを同時に検査することができます。検査対象となるがんは、男性では胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、前立腺がん、女性では胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がんが対象となります。検査の結果は、それぞれのがんに罹患している可能性を「ランクA」「ランクB」「ランクC」の3段階に評価します、ただし、あくまで可能性を評価するものであって、がんの確定診断ではありません。アミノインデックスで高いランクと診断されるようでしたら、引き続き他の検査法で検査を行うことが大切です。